2012年8月3日

*オリンピック 柔道


ロンドンオリンピックも中盤になりました、ほんと感動を与えてくれる選手達に感謝です!!

水泳のメダルラッシュに体操、テニス、卓球、サッカー、バドミントンと毎晩楽しませてもらってます。

そんな中、個人的には一番楽しみにしていた柔道・・・日本選手の不振が続いていますね。

『組んで一本を取る柔道』が日本柔道の精神。というかプライドみたいなものに近いかな?

僕はこういう考え方嫌いじゃないですが、世界の柔道は少し違ってきてるような気がしますね。
組んだら強い日本人に組ませてはくれない訳で・・・内容にこだわるのか?勝ちにこだわるのか?

僕もあまり詳しくはないですが、意見の別れる所だと思います。

体操内村選手が個人総合で金メダルを取ったとき、難易度の高い鉄棒のコールマンを外してきました。

金メダルを取る為の戦術です。

体操内村選手の試合後のインタビュー
コールマンを外した事について
『どんな時も構成を変えずにやってきたが、4年に1度なので勝負にこだわってもいいかなと思った』と。

ポイントリードしていて敢えて組みにいく必要があるのか?
一本じゃなきゃ駄目なのか?ポイントを取って勝つ柔道は駄目なのか?と思ってしまいました。

ど〜なんでしょうね・・・どちらにせよ柔道最終日、悔いの無い戦いをして欲しいです!!

投稿者 店主 : 18:14 | 7)その他

コメント

Qxu0O1 , [url&eq;http://cnsujoypnase.com/]cnsujoypnase[/url], [link&eq;http://apfeymxfolqf.com/]apfeymxfolqf[/link], http://qycjgioyashy.com/

投稿者 vqozqeidyj : 2012年12月19日 12:42

コメントしてください




保存しますか? はいいいえ